がんを克服した自らの経験を映画化!『50/50 フィフティ・フィフティ』脚本家が、闘病中のエピソードや作品に込めた思いを語る!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「闘病生活にはライトな面もあるってことを映画で見せたかった」ウィル・ライザー

 映画『50/50 フィフティ・フィフティ』で、実際にがんを克服した自身の闘病中の体験を基に脚本を執筆したウィル・ライザーが初来日を果たし、脚本の創造の過程や作品に込めた熱い思いを語った。

映画『50/50 フィフティ・フィフティ』場面写真

 お酒もたばこもやらない27歳のアダムが、ある日突然、5年後の生存率が50パーセントのがんであることを宣告されるというショッキングなシーンから始まる本作。戸惑いながらも、前向きに闘病生活に向かう姿をペーソスとユーモアたっぷりに描いた感動のヒューマンドラマだ。基本的にフィクションではあるが、アダムの体験の多くはウィルの実体験に基づいている。

[PR]

 ウィルは現在31歳。25歳の時に、がんを宣告されたという。「当時、僕ががんだと聞くと、みんなが悲しそうな顔をして言葉をかけてくれたり、急にハグしてくれたりしたんだよ」と周りの反応を振り返った。そのときに、周囲の人間が考えるがんのイメージは、映画から来ているのだと確信したという。「だいたいそうした映画は、重くて悲しい難病ものであることが多い。でも、僕らの闘病はユーモアに満ちたものだった。たとえがんと闘っていたにせよ、闘病生活にはライトな面もあるんだってことを、コメディーとして見せることもできるのではないかと考えたんだ」と本作の誕生秘話を語った。

 ウィルが闘病について話すとき、必ず「僕ら」と複数形で語る。これは彼のがんとの闘いが決して孤独なものではなく、実際にウィルの親友であり、劇中ではアダムの親友カイルを演じているセス・ローゲンや、その他の友人たちと共に試練を乗り越えたことを意味している。「当時はセスも僕も若かったから、病気にどう対処していいかよくわからなかったし、どう言葉にしていいかもわからなかった。だから、映画のアダムとカイルみたいにいつもふざけていたよ」と語った後、「映画のレイチェルとアダムみたいに、僕には意中の女の子がいてね。彼女の同情を得ようと『がんなんだ』って告白したんだけどうまくいかなかった。がんだからって、人はジェームズ・フランコにはなれないんだよね(笑)」と、ジョークを交えながら過去のエピソードを明かした。

 「当時のことを思い返すと、自分のもとから去ってしまった人もいる一方で、セスみたいにずっと自分の隣にいてくれた人がいることを思うと胸がいっぱいになるよ」という心からの言葉には、思わず涙を誘われた。もし反対の立場にあったら、闘病中の友人に対して、どう振る舞うことがベストだと思うか? との質問には、「正しい言葉の掛け方や振る舞い方なんていうのは、きっとないんだと思う。その人のそばにいつも寄り添う存在であることが、一番大事なことなんじゃないかな」とのこと。

 闘病生活を始めたころは、何事も神経質に考え過ぎるところがあったが、病状が回復に向かい、約2年を費やして物語を書き終えたころには「イージーゴーイングでハッピーな人間に変わっていた」という。そんなウィルの絶望と戸惑いから、生きる気力を取り戻していく過程がリアルに投影された『50/50 フィフティ・フィフティ』は、きっと観る者すべてに深い感慨とさわやかな感動を与えてくれるはずだ。(取材・文:今祥枝)

 映画『50/50フィフティ・フィフティ』は12月1日より公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]