マーティン・スコセッシ、ノルウェーの犯罪スリラー小説映画化の監督に決定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
マーティン・スコセッシ監督

 マーティン・スコセッシが、ノルウェーのミステリー作家ジョー・ネスボの小説「ザ・スノーマン(英題) / The Snowman」の映画化作品の監督を務めることになった。

マーティン・スコセッシ監督映画『シャッター アイランド』写真ギャラリー

 「ザ・スノーマン(英題)」は、オスロで起きる数々の事件を、刑事ハリー・ホールが解決していくシリーズの7作目で、ハリーは、殺人現場に不気味な雪だるまを残していく連続殺人犯の足跡を追う。

 ニューヨーク・マガジンのVultureによれば、作家のネスボは「彼(スコセッシ)は僕のお気に入りの監督なんだ」と語っており、「映画と本は違うし、スコセッシには、彼ならではのストーリーを語る、アーティストとしての自由を持ってもらうことにする」と映画制作のクリエイティブな過程に自らはかかわらないと表明、スコセッシに信頼を置く様子を見せている。バイオレンス色が強いといわれるネスボの世界観を、映画『ディパーテッド』『シャッター アイランド』の監督は、どう料理していくのだろうか。(鯨岡孝子)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]