『リング』『呪怨』ハリウッドリメイク版のプロデューサー、ロイ・リーが仕事をしたい監督は、黒沢清

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
数々の傑作を手掛け、海外でも非常に高い評価を得ている黒沢清監督 - Dominique Charriau / Getty Images

 映画『リング』『呪怨』や、映画『インファナル・アフェア』のハリウッド版『ディパーテッド』など、アジア映画リメイクの名プロデューサーとして知られるロイ・リーが、ウェブサイトcollider.comの取材に対し、一緒に仕事をしたいとずっと思っているのは、黒沢清監督だと語っている。

ジャパニーズホラーリメイクの先駆け!映画『ザ・リング』写真ギャラリー

 しかし、黒沢監督のホラー作品のファンであるらしいリーは、彼が最近はホラーを手がけていないとコメント。さらに、昨今の日本のホラー映画の状況について、「最近は明らかに数が減っている。作られているものもあるにはあるが、90年代後半に中田秀夫や清水崇、三池崇史監督が生み出した作品のような評価は受けてはいない」と述べている。

 現在は、リーが製作を手がける清水崇監督の新作で、太平洋を横断する飛行機の乗客たちが体験する超常現象を描いた『7500(原題)』の撮影中。この後にはスパイク・リー監督によるハリウッド版『オールドボーイ』の撮影が控えている。今後も、ロイ・リーがどのような映画をアジア映画界から発掘し、ハリウッド作品に化けさせていくのか楽しみだ。(鯨岡孝子)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]