ハリソン・フォード、黒人初のメジャーリーガージャッキー・ロビンソンを描いた映画でドジャースの会長ブランチ・リッキー役候補に

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ハリソン・フォード、ブルックリン・ドジャースの会長ブランチ・リッキー役候補 - Florian Seefried / Getty Images

 黒人初のメジャーリーガーとして活躍したジャッキー・ロビンソンを描いた映画『42』で、ブルックリン・ドジャースの会長ブランチ・リッキー役にハリソン・フォードが出演候補としてオファーされていることがCollider.comによって明らかになった。

ハリソン・フォードが超クール映画『カウボーイ&エイリアン』写真ギャラリー

 これは、レジェンダリー・ピクチャーズが製作する予定の作品で、映画『L.A. コンフィデンシャル』や『ミスティック・リバー』の脚本家だったブライアン・ヘルゲランドがメガホンを取ることになっている。

[PR]

 同作のストーリーは、1947年にブルックリン・ドジャースの会長ブランチ・リッキーの誘いを受けてメジャーリーグに入ったジャッキー・ロビンソンが、いかにして人種差別の壁を打ち破って、大リーグでプレイしたかを描くことになっている。

 ジャッキー・ロビンソンは右投右打の2塁手で、1947年~1956年までブルックリン・ドジャースでプレイし、1962年にアメリカ野球の殿堂入りを果たしている。

 ちなみに、これまでこのブランチ・リッキー役はロバート・レッドフォードがオファーされていたようだが、どうやらその出演を断ったようで、新たに今回ハリソン・フォードに白羽の矢が向けられたようだ。

 確かに出演作にはこだわりを持つハリソン・フォードだが、彼が参加すれば期待できる作品になりそうだ。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]