亡き母を家の中でみかけたスーザン・ボイル、見守ってくれているという安心感

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
英オーディション番組で大ブレイクした歌手のスーザン・ボイル - Jun Sato / WireImage / Getty Images

 子どものころから母と一緒に住んでいた家に今も住み続けているスーザン・ボイルが、家の中で母の気配を感じることがあるという。

 歌手として大ブレイクしたスーザンは、実家のそばに大きな家も所有しているが、育ったほうの家に今も住んでいる。「母の家には、今も母のエネルギーが感じられるの。わたしがホッとできる場所。母は、『家と猫の面倒をお願いね』と言っていたから、そうしているの。実際に家の中で母を見たこともあるわ。不安げな様子はまったくなく、自分は大丈夫だと教えたかったんだと思う。すごくすてきな香りがしたのを覚えている。母の香水だったのかしら。母が亡くなったときは見捨てられた気分だったけど、そうじゃなかったことを伝えたかったのかも」とデイリー・メール紙のインタビューで語り、母が見守ってくれているという安心感があるとのこと。

 しかし、一人でさびしい思いをしていることにはかわらないようだ。「一番の問題は孤独だということ。特に夜はさびしいわ。昔から一人きりになるのが怖かったけど、知り合いはみんな死んでしまい、現実になってしまった。何年かの間に父、叔父、姉と母を亡くしたわ」と語り、その後は大学の学食で仕事をしたり、病院で介護の手伝いをしたりと、何をしてもうまくいかなかったという。ブレイクのきっかけとなったオーディション番組に出向いたときも、同じようにうまくいかないだろうと思っていたらしいが、運の悪さのスパイラルから抜け出せたのが今でも信じられないと語っている。(BANG Media International)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]