石原さとみ、携帯待ち受けは板尾創路!毎日見ていたと告白!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
石原さとみ、携帯の待ち受けを板尾創路にするほど役に入れ込む

 14日、角川シネマ新宿で映画『月光ノ仮面』初日舞台あいさつが行われ、石原さとみが、オレンジ色のトップスに黒のミニスカート姿で来場し、会場を魅了した。この日はほかに板尾創路浅野忠信、石原さとみ、矢部太郎(カラテカ)、おにぎり(ニューロマンス)が来場した。

映画『月光ノ仮面』写真ギャラリー

 石原は今回の映画で、板尾と浅野という二人の男性の間で揺れ動く役柄を演じている。「浅野さんはデビュー作以来の共演だったのでテンションは高まっていましたが、板尾監督とはそれぞれの衣装を着たときに、携帯で2人の写真を撮って待ち受けにしました」とその役作りについて明かす通り、撮影中は板尾の写真を毎日見ていたそうだ。

[PR]

 シュールな物語だけに直感を信じて演技をしていたという石原は「ちょっと刺激的な現場でした」と述懐。それには板尾も「石原さんには、いじわるにというか、戸惑いながら芝居をしてもらいました。たとえば石原さんがここはうれし涙を出すと考えているなと思ったら、逆に悔し涙にしてもらったりとか。彼女に刺激を与えて、それに戸惑っている部分もひっくるめて、今回の石原さんが良かったと思っています」と絶賛した。

 板尾にとっては『板尾創路の脱獄王』に続く監督作第2弾。本作は、古典落語「粗忽(そこつ)長屋」をモチーフに、記憶をなくした男とその恋人、そして彼と戦場を共にした男が織り成す不思議な物語が展開されるわけだが、「テレビ主導の映画が好きではなくて。映画ならならではの映画、面白かったけど、人に説明しにくいような映画が好きなので、こういう映画になってしまいました。それぞれに感じ方は違ってくると思うので、2度3度と観ていただけたら」と付け加えた。そして次回監督作については「今は何も決まっていない」としつつも、「もし次の機会がありましたら、これまでとは違う作品になると思います。そのときはまた観に来てくださったら」と意欲を見せた。(取材・文:壬生智裕)

映画『月光ノ仮面』は角川シネマ新宿ほかにて公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]