リンジー・ローハンが運転する車にはねられたと女性が訴訟 事件は1年半以上前に発生

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
またまた訴訟に巻き込まれたリンジー・ローハン - Kristy Sparow / WireImage / Getty Images

 先日、裁判官から模範的な態度で社会奉仕活動を行っていると褒められたリンジー・ローハンがまた訴訟に巻き込まれた。

 訴えを起こした女性はヌビア・デル・カルメン・プレザで、2010年9月にウエスト・ハリウッドの交差点を歩行中にリンジーが運転するマゼラッティに接触されたとのこと。ヌビアは障害の残るケガと精神的苦痛を負ったとして、医療費の全額支払いのほか、損害賠償とケガのせいで仕事ができなかった分の逸失賃金、ケガをしなければ得られた予想収益などの支払いを求めているという。

 E!オンラインによると、リンジーが運転していた車はレンタカーで、ヌビアはレンタカー会社も訴訟相手として記載しているとのこと。リンジーのスポークスマンは、本人も弁護士も訴状をまだ受け取っていないためコメントのしようがないと言っている。
 
 今年に入ってリンジーが自動車関連で訴えられるのは二度目。1月10日にはパパラッチが2010年1月にリンジーに接触されたとして訴えを起こしている。(澤田理沙)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]