『スパイダーマン』シリーズのエリザベス・バンクス、ハリウッドを揶揄するコメディー映画『フランク・オア・フランシス』に出演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
エリザベス・バンクス - Lester Cohen / WireImage / Getty Images

 映画『マルコヴィッチの穴』『エターナル・サンシャイン』の脚本家で、奇想天外なストーリーで知られるチャーリー・カウフマン監督のコメディー映画『フランク・オア・フランシス(原題) / Frank or Francis』のキャスティングがにぎやかになってきた。

 映画『リトル・ミス・サンシャイン』のスティーヴ・カレルが主役の映画監督を演じるこの作品は、ジャック・ブラック演じるハリウッドのウェブサイトのライターに作品をけなされ続けるがゆえに、カレルが追い詰められているストーリーで、すでに、ケイト・ウィンスレットキャサリン・キーナーニコラス・ケイジケヴィン・クラインの出演が決定している。

 そこに映画『スパイダーマン』シリーズのエリザベス・バンクスピーウィー・ハーマンことポール・ルーベンスの出演が決まったのだ。

 エリザベス・バンクスは、才能あふれるコメディエンヌで、カレル演じる映画監督と秘密裏に交際している女優を演じる。ポール・ルーベンスは映画評論家を演じるとのことだ。(後藤ゆかり)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]