オーディション会場から空港に直行したジェラルド・バトラー テロリストと疑われて警備員に囲まれた過去

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
このおれがテロリストに見えるか?- ジェラルド・バトラー

 ジェラルド・バトラーが2001年にテロリストと間違われたことをインタビューで明かした。

ジェラルド・バトラー最新作 映画『マシンガン・プリーチャー』写真ギャラリー

 すべてはアンジェリーナ・ジョリー主演の映画『トゥームレイダー2』のオーディションが原因だったという。「2001年の靴爆弾未遂事件(=アメリカン航空機爆破未遂事件)のあとで、僕は『トゥームレイダー2』のオーディションのためにロンドンからモントリオールに飛んだんだ。オーディション用に用意されたセットでは、靴の音でセリフが聞こえなくなってしまったため、僕の靴の裏にフェルトが張られた。僕はそれを忘れ、そのままの状態で帰国するため空港に直行したんだけど、保安検査で靴を見せるように言われて、靴底に分厚いフェルトを張ったままだったことを思い出したよ」とショートリスト誌のインタビューで語った。

 怪しまれたジェラルドは警備員たちに必死に説明をしたが相手にされなかったという。「アンジェリーナ・ジョリーの映画のオーディションに行ったと説明したら、『何をくだらないことを言っているんだ? 警備員!!』と叫んで、あっという間に10人の警備員に囲まれたよ。アンジェリーナ・ジョリーとオーディションについて説明すればするほど作り話のように聞こえて大変だった」と今では笑える話を明かしている。(BANG Media International)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]