スタンリー・キューブリックの『シャイニング』に隠された意図や謎をひも解いていくドキュメンタリー作品の配給会社が決定!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
意味深なシーンがたくさん出てくる、スタンリー・キューブリック監督の映画『シャイニング』 - Mark Renders / Getty Images

 今年のサンダンス映画祭のニュー・フロンティア部門(実験的な作品が多い部門)で上映され、話題を呼んだ映画『ルーム 237(原題) / Room 237』が、IFCフィルムズで配給されることがDeadline.comによって明らかになった。

スタンリー・キューブリック監督映画『時計じかけのオレンジ』写真ギャラリー

 これは、映画『2001年宇宙の旅』や『時計じかけのオレンジ』などを手掛けた映画界の巨匠スタンリー・キューブリックが1980年に制作したスティーヴン・キング原作の映画『シャイニング』に隠された意図や謎をひも解いていくドキュメンタリー作品で、興味深い分析をしている作品。

[PR]

 同作は、監督ロドニー・アシャーがメガホンを取り、今後ニューヨークのリンカーン・センターで行われる“ニュー・ディレクター/ニュー・フィルムズ・シリーズ”とさらにカンヌ国際映画祭にも出展されることになっている。

 オリジナルの『シャイニング』はジャック・ニコルソン主演で、そのストーリーは毎年冬期には閉鎖されるコロラド州のロッキー山上にあるオーバールック・ホテルで、管理人としての職を求めて小説家志望のジャックは家族とともにやってきたが、彼の息子が奇怪な現象を目撃し始めた矢先、徐々にジャックも狂い出していくというホラー作品。

 配給会社となったIFCフィルムズは、今年後半に公開し、同時期に同作のビデオ・オン・デマンドも行う予定でいるようだ。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]