佐々木希、妄想と性欲が暴走する男性心理にはついていけず!? 巨大アフロをつけての感想も語る

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
キラキラしている佐々木希

 18日、映画『アフロ田中』の初日舞台あいさつが新宿ピカデリーで行われ、出演者の松田翔太佐々木希堤下敦インパルス)、田中圭遠藤要駒木根隆介原幹恵、そして松居大悟監督が登壇、佐々木がアフロかつらを付けた体験と感想を話すなど、和やかな雰囲気の中進行した。

映画『アフロ田中』フォトギャラリー

 初回上映後に行われたこの日の舞台あいさつでは、佐々木がマイクを取ると「のぞみーん!」と男性ファンから声が飛び、続けて堤下の番になると「デブー」と声が飛び、これに堤下が「デブにデブっていうな!」と返すなど、開始から笑いが絶えない。

[PR]

 作中ではアフロ姿の松田がクネクネと奇妙な動きを披露しているが、「こらえていたんですけど大笑いしてしまって、そうしたら松田さんも大笑いしてしまって申し訳なかったです」と佐々木。巨大なアフロかつらも「1回付けてみたら『似合う』って言われたんですけど、喜んでいいのかと思ってすぐに取りました」と苦笑交じりに語っていた。

 本作で田中に想いを寄せられるヒロインを演じている佐々木だが、そんな田中について「一生懸命に頑張ってるところはいいと思うんですけど、心の中が見えなければ……」とやはり妄想と性欲が暴走する男性心理には付いていけないようで、しみじみとした様子で語っていた。

 『アフロ田中』は2002年から「週刊ビッグコミックスピッツ」で連載が始まって以来、主人公の成長や変化に合わせてシリーズ化されてきた、のりつけ雅春による人気マンガの映画化作品。彼女いない歴24年の主人公・田中が、彼女を作ろうと悪戦苦闘する姿を描く。(取材・文:長谷川亮)

映画『アフロ田中』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]