イギリス人女優アンナ・フリエル、マイケル・ウィンターボトム監督が手がけるポルノ王の半生を描いた作品に出演決定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ポルノ王レイモンドの最初の妻を演じることになったアンナ・フリエル - Dave M. Benett / Getty Images

 映画『ミー・ウィズアウト・ユー』や『マーシャル博士の恐竜ランド』のイギリス人女優アンナ・フリエルが、マイケル・ウィンターボトム監督がイギリスのポルノ王ポール・レイモンドの半生を描いた映画『キング・オブ・ソーホー(原題) / King of Soho』にキャスティングされることが決まったと、スクリーン・デイリー紙(電子版)が報じた。

アンナ・フリエル出演映画『ロンドン・ブルバード -LAST BODYGUARD-』写真ギャラリー

 フリエルが演じるのは、レイモンドの最初の妻の役。すでに決まっているキャストに、レイモンド役に映画「マリー・アントワネット』『ナイト ミュージアム』のスティーヴ・クーガン、レイモンドの恋人でセクシーなモデル役に、アーサー王伝説を描いた歴史ドラマシリーズ「CAMELOT~禁断の王城」のタムシン・エガートン、娘役に映画『フライトナイト/恐怖の夜』のイモージェン・プーツがいる。

[PR]

 ポール・レイモンドは、1958年にロンドンで初めてのストリップクラブをオープン、またイギリスで最大規模のポルノ出版を手がけ、ロンドンの歓楽街ソーホーの不動産を可能な限り買い占めたことで知られている。

 イギリスのフィルム4とフランスのスタジオ・カナルが製作を担当、撮影時期はまだ明らかになっていない。(鯨岡孝子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]