勝俣州和、オセロ中島に連絡するも返事なし 「才能のある方、復帰してほしい」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ハンプティ・ダンプティをモチーフにした衣装で登場した勝俣州和

 タレントの勝俣州和が22日、声優を務める映画『長ぐつをはいたネコ』のイベントに登場し、渦中のオセロ・中島知子について「才能のある方だから復帰してほしい」などと思いを明かした。

映画『長ぐつをはいたネコ』写真ギャラリー

 猫が主人公の本作にちなんで、猫の日(2月22日)、招き猫発祥の地・今戸神社(台東区)、スペシャルゲストに猫ひろしと、まさに猫づくしの中行われた映画のヒット祈願イベント。猫ひろしは、長ぐつをはいたタレント猫を抱えながら「カンボジアから走ってきました! 長ぐつをはいた猫ひろしです!」と登場するも、「今日はネコをお届けしたので黒猫ひろしです!」とおたけびを上げながらあっという間に退場。

[PR]

 そんな猫の姿にあっけを取られた様子だったのは、本作で主人公・プスの声を担当する竹中直人と、ハンプティ・ダンプティの声を担当する勝俣。ハリウッドアニメーションの声優初挑戦という勝俣は「セリフが多すぎて一度はお断りしようかと思ったんです。アドリブは一切なしです」と演じる苦労を語ったが、竹中は「憎たらしいのに憎めないところが本当にぴったり」と太鼓判を押した。

 また勝俣は長期休業中のオセロ・中島について触れ「休みはじめたころに一度、僕が力になれるならと思って連絡をしてみたんですが、返事はありませんでした。才能のある方だから復帰してほしいです」と気遣う場面も見せた。

 『長ぐつをはいたネコ』はシュレックに出会うずっと前の物語で、いたずら好きの卵の友達ハンプティ・ダンプティ&フワフワの肉球が武器のメス猫キティと共に、自らの運命とおとぎの国を守るためネコ史上最大のアドベンチャーを繰り広げる3Dアニメーション。(取材・文:浅来香)

映画『長ぐつをはいたネコ』は3月17日より全国3D公開(一部劇場を除く)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]