ニコール・キッドマン、コリン・ファースと共演!日本軍に捕らえられたイギリス兵を描いた作品!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
共演が決まったニコール・キッドマンとコリン・ファース - ChinaFotoPress / Matt Carr / Getty Images

 映画『ムーラン・ルージュ』や『めぐりあう時間たち』などでおなじみのニコール・キッドマンが、コリン・ファースと共演することがCollider.comによって明らかになった。

ニコール・キッドマン主演映画『めぐりあう時間たち』写真ギャラリー

 これは、エリック・ローマクスが執筆した「泰緬鉄道 癒される時を求めて」をベースに映画化される予定の作品『ザ・レイルウェイ・マン(原題) / The Railway Man』で、そのストーリーは第二次世界大戦中にマレー半島で日本軍に捕らえられたイギリス軍兵士エリック・ローマクスが、タイとビルマを結ぶ「死の鉄道」と呼ばれた過酷な建設にかかわったことで精神的なダメージを受けるが、30年後に拷問を下した日本人兵士と和解するという実話をもとに映画化していくようだ。

[PR]

 これまで同作のキャスティングでは、この主人公のエリック役にコリン・ファース、エリックの青年将校時代を映画『戦火の馬』のジェレミー・アーヴィンが演じることになっていて、さらにエリックの妻パトリシア役を、降板したレイチェル・ワイズの代役として、新たにニコール・キッドマンがキャスティングされたようだ。

 この妻パトリシアは、精神的なダメージを受けたエリックの支えとなった人物で、そのエリックが日本人兵士と和解することになった経緯も、彼女のサポートがあったからのようだ。

 主演には知名度のある二人がキャスティングされ、今後日本人兵士のキャスティングが気になるところだ。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]