園子温監督が震災に遭遇する家族描く最新作、伊勢谷友介に吹越満ら実力派キャストが参加!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
園子温監督最新作に豪華キャストが参加!

 大震災に遭遇した3組の家族の未来を描く、園子温監督最新作『希望の国』の追加キャストが発表され、小さな役柄ながら、伊勢谷友介吹越満など、多くの実力派俳優が出演していることがわかった。

映画『希望の国』場面写真

 『ヒミズ』で東日本大震災の被災地でのロケを敢行、震災後の日本の姿を積極的に作品に反映させた園監督が、改めて震災をテーマにした本作。大地震をきっかけに生活が一変した3組の男女が貫く、それぞれ愛の形が描かれる。

[PR]

 これまで、震災のために生活が一変する家族を、ベテラン俳優の夏八木勲大谷直子村上淳神楽坂恵清水優梶原ひかり、さらにでんでんが演じることが報じられていたが、彼ら家族と深いかかわりを持つ重要な役どころで、菅原大吉山中崇河原崎建三の出演が発表。さらに、伊勢谷友介、吹越満、占部房子大鶴義丹松尾諭並樹史朗田中哲司手塚とおる堀部圭亮などが、新作を彩ることが判明した。

 まさに実力派俳優勢ぞろいのキャスティングとなったが、各人ともセリフ・出演時間は少ないという。しかし、それでもキャスト陣は園監督作品への出演を快く承諾したとか。1月13日にクランクインした製作は、まもなく完了予定。園監督が震災をへて投げ掛ける「いま、日本で生きていく」ことへの問い掛けを、各人がどのように体現し、作品に厚みを加えるのか。

 『希望の国』は、震災に遭遇した、日本のある村でつつましくも幸せに暮らす老夫婦と、その息子夫婦、そして彼らの隣家にむ息子とその恋人、3組の家族を描くヒューマンドラマ。大地震によって、避難を強いられるが、愛着を持った家をなかなか離れることができない老夫婦、妻の妊娠が発覚した息子夫婦など、離れ離れになりながらも、3組の家族それぞれが下す決断と行動を描く。(編集部・入倉功一)

映画『希望の国』は今秋、新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]