ジェレミー・レナー、スカーレット・ヨハンソンとブロードウェイに進出の可能性も

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
もう一度スカーレットと共演するのもいいかも! - スカーレット・ヨハンソンをエスコートするジェレミー・レナー - Kevork Djansezian / Getty Images

 引く手あまたのジェレミー・レナーがうわさされているリドリー・スコット監督の新作『ザ・カウンセラー(原題)/ The Counselor』に出演しなければ、スカーレット・ヨハンソンとブロードウェイに進出するかもしれない。

ジェレミー・レナー&スカーレット・ヨハンソン出演映画『アベンジャーズ』場面写真

 indiewere.comが伝えるところによると、現在、ハビエル・バルデムと競っているといわれているコーマック・マッカーシー原作の『ザ・カウンセラー(原題)/ The Counselor』でマイケル・ファスベンダーの敵役を選ばなかった(あるいは選ばれなかった)場合、映画『アベンジャーズ』で共演を果たしたスカーレット・ヨハンソンとともにテネシー・ウィリアムズ原作の「熱いトタン屋根の猫」でブロードウェイに出演するかもしれないというのだ。

[PR]

 この作品は1958年のポール・ニューマン、エリザベス・テイラー、バール・アイヴスの映画が最も知られているものだが、テネシー・ウィリアムズ作品の中でも最も知られたものであり、実現するとなると、ポール・ニューマンが演じたブリック役をレナーが、エリザベス・テイラーが演じた妻のマギー役をヨハンソンが演じることになる。ストーリーは、南部を舞台に、ビッグ・ダディと呼ばれる旧家の家主が、末期がんと判明し、長男夫婦は遺産を狙って、彼に取り入ろうとするが、ビッグ・ダディは、元名フットボーラーで今は酒浸りで生きがいを見出せない次男ブリックに愛情を注いでいた……というもの。

 ビッグ・スクリーンのジェレミー・レナーも観たいが、ブロードウェイの舞台に立つ彼の姿も観てみたいとファンは思うに違いない。(後藤ゆかり)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]