『ダークナイト ライジング』アン・ハサウェイの美しすぎるキャット・ウーマン!新ビジュアルが公開!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
このキャット・ウーマンの美しさ! - (C) 2012 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC. AND LEGENDARY PICTURES FUNDING, LLC

 全世界から注目を浴びている映画『ダークナイト ライジング』より、アン・ハサウェイ演じるセリーナ・カイル=キャットウーマンの新ビジュアルが公開された。金庫破りの最中をとらえたものとおぼしき場面で、美しいボディーラインを強調するかのようなコスチューム、そしてネコ耳が目を引かずにはいられない一枚だ。

映画『ダークナイト ライジング』予告編映像

 全身黒のボディースーツに、トレードマークでもあるマスクとネコ耳を着用したキャットウーマンを演じるのは、アン・ハサウェイにとって子どものころからの念願。だが、クリストファー・ノーラン監督が求めるレベルのアクションをこなすため、撮影に入る前にはハードなトレーニングを重ねなければいけなかったという。

[PR]

 ノーラン監督との打ち合わせについて、アンは「最初に監督から、映画『インセプション』の撮影の際、ジョゼフ・ゴードン=レヴィットが2か月トレーニングを積み、戦いのシーンなどをすべて自分で演じきったことを告げられました。彼のオフィスを出た後、すぐにジムに向かいました」と振り返っており、そこからもアンの女優魂が感じられる。

 映画『プリティ・プリンセス』で鮮烈なデビューを飾った一方で、役柄からプリンセス的なイメージがつきまといがちだったアン。だが、その後は『ブロークバック・マウンテン』『レイチェルの結婚』などで演技派として開眼。今回のセリーナ・カイル=キャットウーマンも、過去にミシェル・ファイファーが演じた役柄であり、順調に大女優への道を歩み始めている。

 ハル・ベリー主演でスピンオフ映画も製作されるなど高い人気を誇るキャットウーマンは、原作コミックでは主人公と時に共闘関係を結ぶだけでなく、恋愛関係もにおわせるなど、そのミステリアスな雰囲気が最大の魅力。本作では敵か味方かもまだわからないが、そうした善と悪のあいまいさもシリーズの一つのポイントとなっており、その意味で本作のキャットウーマンは物語のキーパーソンになることを予感させる。(編集部・福田麗)

映画『ダークナイト ライジング』は7月28日より丸の内ピカデリーほか全国公開

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]