ロマン・ポランスキー、ドレフュス事件を映画化!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ドレフュス事件を映画化! - ロマン・ポランスキー

 映画『チャイナタウン』や『戦場のピアニスト』など数々の名作を作り上げてきたロマン・ポランスキー監督の次回作は、ドレフュス事件の映画化作品『ディー(原題) / D』になるとComingsoon.netが報じた。

ロマン・ポランスキー監督作品『戦場のピアニスト』写真ギャラリー

 ポランスキー監督作品おなじみのロベール・ベンムッサアラン・サルドがプロデューサーを務め、脚本は『ゴーストライター』でポランスキー監督とタッグを組んだロバート・ハリスが担当する。

[PR]

 ドレフュス事件は、1894年のフランスで起きた冤罪事件で、歴史上最もセンセーショナルな政治的スキャンダルの一つと称されている。ユダヤ系の参謀本部付砲兵大尉アルフレド・ドレフュスがドイツのスパイとして無実の罪で投獄され、家族や情報部部長が執念を燃やし真犯人を見つけるも、権威失墜を恐れた軍部のもみ消しにあう……。作家エミール・ゾラがドレフュスの弁護をしたことでも有名な事件だ。

 今回の決定についてポランスキー監督は「僕は長い間、このドレフュス事件を描きたいと思っていたんだ。衣装だけの時代物の作品ではなく、スパイ映画にするつもりだよ」とコメントしている。

 撮影は今年の年末からパリで開始する予定で、キャスティングはこれから行うことになっている。はたしてどのような映画になるのだろうか? (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]