香里奈、“アムラー”だった!女子高生のときは 「ルーズソックスはいてメッシュ入れていました」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
“アムラー”だったと明かした香里奈

 女優の香里奈が18日、都内で行われた主演映画『ガール』の女子高生限定試写会にサプライズ登場し、自身は高校時代、“アムラー”だったことを明かした。

香里奈出席!-映画『ガール』の女子高生限定試写会写真ギャラリー

 “アムラー”は、ちょうど香里奈が女子高生だった当時、安室奈美恵のファッションをマネした女性たちに付けられた総称。香里奈は「安室奈美恵さんが昔からすごい好きで、ファッションを真似したり、厚底ブーツはいたり、メッシュ入れたりしていました」と明かした。

[PR]

 また、高校時代はルーズソックスを履いていたという香里奈。「若いな」と思わずもらした約100人集まった現代の女子高生たちのファッションに、「今はハイソックス? ルーズソックスは履かないの?」と興味津々。「わたしは高校のころは、紺のソックスとかゴム抜きルーズとかがはやっていた」と当時を振り返った。

 その後の質疑応答では、「どうやったら細くなれるの?」「かわいくなれるの?」と美容の秘けつに質問が集中。香里奈は「そういうふうに思ってもらわないといけない職業でもあるので、水分をよく取ったりお風呂上がりにストレッチをしたり、炭水化物を押さえるようにがんばっています」。さらに、「今やれることをたくさん経験して。わたしも10代に経験したことが今生きていることもたくさんあるので、挑戦してダメと思ったら別の道を行けばいいと思う」と強くエールを送った。

 この日上映された映画『ガール』は、恋愛、仕事、結婚、子育てなど、それぞれに悩みを抱えつつもたくましく生きる女性たちの姿を生き生きと描いた群像劇。香里奈、麻生久美子吉瀬美智子板谷由夏のほか、加藤ローサ檀れい上地雄輔要潤林遣都向井理といった豪華顔ぶれにも注目。毎日を必死に生きる女性たちにエールを送る作品に仕上がっている。(取材・文:中村好伸)

映画『ガール』は5月26日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]