マイク・タイソンがブロードウェイデビュー、スパイク・リー監督が演出か

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
夢のブロードウェイデビューを名監督が演出!? エンターテイナーとしての才能をまた一つ花開かせたマイク・タイソン

 ラスベガスで好評を博した、元ヘビー級世界チャンピオンのマイク・タイソンによるワンマンショーが、ニューヨークのブロードウェイで上演されることとなり、演出を映画監督のスパイク・リーが務めることになりそうだと、ウェブサイトTMZが報じている。

マイク・タイソン出演『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』写真ギャラリー

 情報筋が同サイトに伝えたところによれば、リー監督は、本プロダクション「マイク・タイソン:アンディスピューテッド・トゥルース(原題)/ Mike Tyson:Undisputed Truth」に関わる最終段階の話し合いを進めており、ラスベガスでの1週間の興行を経て、どのような改善点、変更点があるか、リーとタイソンは話し合っているところだという。

[PR]

 ブロードウェイデビューは、タイソンのエンターテイナーとしての新境地に、また花を一つ添えてくれることになるだろう。そこに、NYを拠点に活躍するリー監督の協力が加われば、さらに完成度が高まりそうだ。

 リー監督は現在、韓国映画『オールド・ボーイ』リメイク版の製作準備を進めているところだ。(鯨岡孝子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]