シャーリー・マクレーン、アメリカ映画協会の生涯功労賞を受賞

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
今月7日に行われた同賞の授賞式にてスピーチをするシャーリー・マクレーン - Kevin Winter / Getty Images

 映画界における優れた功績を称えるアメリカ映画協会(AFI)の第40回生涯功労賞に、シャーリー・マクレーンが選ばれた。同協会のウェブサイトが発表している。

シャーリー・マクレーン主演映画『ココ・シャネル』写真ギャラリー

 シャーリーは、アカデミー賞主演女優賞に5度ノミネートを受けている大女優で、1984年の映画『愛と追憶の日々』ではオスカーを受賞している。英BBCによると、7日にロサンゼルスで行われた授賞式にはメリル・ストリープジュリア・ロバーツジョン・トラヴォルタジャック・ニコルソンキャリー・フィッシャーなどの俳優たちが出席し、2008年に同じ賞を受賞した、シャーリーの弟で俳優のウォーレン・ベイティもお祝いに駆けつけた。

[PR]

 授賞式に先立ちシャーリーは報道陣に「女優という仕事につくことに、疑問を抱いたことはありませんでした。わたしの運命だったと感じています」と自らの仕事に誇りを持っていることを語っている。

 同賞は、過去にはマイケル・ダグラスアル・パチーノジョージ・ルーカス監督などが受賞している。(竹内エミコ)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]