オスカー・ノミネート女優のキャサリン・キーナー、キーラ・ナイトレイ主演の『キャン・ア・ソング・セイヴ・ユア・ライフ?』に出演へ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
名女優キャサリン・キーナーは歌うのか? - Ben Hider / Getty Images

 映画『マルコヴィッチの穴』『カポーティ』でアカデミー賞助演女優賞にノミネートされた演技派女優のキャサリン・キーナーキーラ・ナイトレイ主演の映画『キャン・ア・ソング・セイヴ・ユア・ライフ?(原題) / Can A Song Save Your Life?』に出演することがDeadline.comによって明らかになった。

キャサリン・キーナー出演映画『かいじゅうたちのいるところ』写真ギャラリー

 この作品は、ロック/ポップグループ、マルーン5のフロントマン、アダム・レヴィーンの映画デビュー作としても注目を浴びているもので、シンガーとして成功するのを夢見てニューヨークに出てきたカップル(アダムとキーラ)だったが、彼のほうがソロ・シンガーの契約をして彼女を捨ててしまうところからスタートし、失意の彼女は下町のバーでツキに見放されたレコード・プロデューサーと出会い、二人で夢を追うことになるというもの。映画『アベンジャーズ』のブルース・バナー=ハルク役のマーク・ラファロが落ち目のレコード・プロデューサーを演じる。キャサリン・キーナーはマーク・ラファロの仲たがいをして別居している妻を演じるという。

 監督は2007年アカデミー賞歌曲賞を受賞した映画『ONCE ダブリンの街角で』の監督ジョン・カーニー。『ONCE ダブリンの街角で』はブロードウェイのミュージカルとなっており、先日のトニー賞でミュージカル作品賞を含む8部門を制している。

 演技派がわきを固めてきたこの作品、また名曲を生み出すだろうか。(後藤ゆかり)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]