故ホイットニー・ヒューストンさんの娘ボビー・クリスティーナが女優デビュー

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
女優デビューが決定したボビー・クリスティーナ

 ホイットニー・ヒューストンさんの19歳の娘ボビー・クリスティーナが、テレビコメディー「タイラー・ペリーズ・フォー・ベター・オア・ワース(原題) / Tyler Perry’s For Better or Worse」で女優デビューを果たすという。

 ボビー・クリスティーナが出演するのは1シーズンのみで、美容師の娘を演じるらしいが、すでにヒステリーを起こして撮影スタジオから飛び出したこともあるようだ。映画『プレシャス』のプロデューサーとして知られるタイラー・ペリーはヒューストン家と家族ぐるみの付き合いをしており、ホイットニーさんの遺体をカリフォルニアからニュージャージーに移送するために自分のプライベート・ジェットを提供した人物。

 ボビー・クリスティーナはテレビ・コメディーのほか、「ザ・ヒューストン・ファミリー・クロニクルズ(原題) / The Houston Family Chornicles」と題されたリアリティー番組にも出演することになっている。「ホイットニー・ヒューストンさんの突然の死は、世界中だけでなく、彼女を最も愛する家族の心の中にも大きな喪失感を残しました。このリアリティー番組は、ホイットニーさんに最も近かった人たちが、彼女の早すぎた死のあと、どうやって人生を立て直していくかを追った番組になります」とLifetimeネットワークは発表している。

 予定されている10エピソード内には、ホイットニーさんのいとこで歌手のディオンヌ・ワーウィックやゴスペル・シンガーのシー・シー・ワイナンスのゲスト出演も予定されているとのこと。(BANG Media International)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]