『ダークナイト ライジング』のパリ・プレミアがキャンセル コロラドの銃乱射事件を受け

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
事件が起きた映画館Century Aurora 16 -(現地時間)7月20日 - Thomas Cooper / Getty Images

 米コロラド州で映画『ダークナイト ライジング』の上映中に60人以上が死傷した銃乱射事件が発生したことを受け、同作のパリ・プレミアがキャンセルされた。

映画『ダークナイト ライジング』フォトギャラリー

 同プレミアにはクリストファー・ノーラン監督のほか、クリスチャン・ベイルアン・ハサウェイモーガン・フリーマンも出席する予定だったが、プレミア会場だったシャンゼリゼの映画館のレッドカーペットは作業員によって撤去されたとAccess Hollywood.comは報じている。米ワーナー・ブラザーズは映画に関わる、すべてのインタビューもキャンセルすると発表。銃乱射事件に心を痛めているとコメントを出した。

[PR]

 ノーラン監督は「耐え難いほど凶暴な行為」だと犯人を非難。「キャストとスタッフを代表し、あまりにも愚かな悲劇の犠牲となってしまったみなさんに心から哀悼の意を表します。わたしにとって映画館はわが家同然です。そんな罪のない、希望の場所を耐え難いほど凶暴な行為で侵害されたことに打ちのめされています。この残虐な事件の罪のない被害者たちへの思いを適切に言葉にすることはできませんが、彼らと家族の心痛をお察しします」と声明を出している。

 「バットマン銃乱射事件」「ダークナイト ライジング銃乱射事件」と報じられている同事件後、映画館の観客に銃を乱射する映像が含まれているショーン・ペンライアン・ゴズリングの新作映画『ギャングスター・スクワッド(原題) / Gangster Squad』の予告編の上映が全米で打ち切られたとのこと。WENN.comによると、この予告編は事件のあった映画館で上映されていたという。(澤田理沙)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]