『海猿』が新宿ジャック! 伊藤英明、3,000名のファンの声援に感激!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『海猿』が新宿をジャック! - 左から、羽住英一郎監督、仲里依紗、加藤あい、伊藤英明、佐藤隆太、三浦翔平

 11日、大ヒット上映中の映画『BRAVE HEARTS 海猿』のブルーカーペットイベントが新宿で行われ、主演の伊藤英明加藤あい佐藤隆太仲里依紗三浦翔平羽住英一郎監督が勢ぞろいした。新宿通りを封鎖して行われた同イベントには、およそ3,000名のファンが集結し、昼間の新宿が一時騒然となった。

映画『BRAVE HEARTS 海猿』ブルーカーペットイベント フォトギャラリー

 同イベントが開催されるのは前作『THE LAST MESSAGE 海猿』に続いて2回目。この日は伊勢丹前の新宿通りに、海をイメージした全長70メートルのレッドカーペットならぬ「ブルーカーペット」が設置された。公式に招待されたファンは1,300名だったものの、休日の新宿ということもあり、沿道に押し寄せるファンの数はみるみる膨れ上がり、最終的にはおよそ3,000名が集結するビッグイベントとなった。

[PR]

 そして、伊藤ら出演陣が登場すると、ファンのボルテージは一気に最高潮へ。キャストもそれに応えるように、およそ30分かけてファンサービスを決行。額の汗を拭いながら、サインや握手を行った伊藤はステージに上がると「直接ファンに『ありがとう』と言えてうれしいです。本当に10年間愛された映画なんだと思いました」と感動しきり。華麗なドレスで登場した加藤も「一人でも多くサインしようと夢中で、ずっと下を向いていたので、一人一人の顔をなかなか見ることができなかったですが、ありがとう」と満面の笑みでファンに感謝した。

 イベント中にはサプライズで、ファンからお手製の“金メダル”がプレゼントされる一幕も。オリンピックで男子サッカーに注目していたという伊藤は、メダルをかんでみせながら「オリンピックに出られるだけでも素晴らしいと思います。いろんなものを背負って自分の力を出し切るのはすごい」と健闘をたたえていた。

 本作は海難事故の救助に奮闘する“海猿”こと海上保安官たちの姿を描いた人気シリーズの劇場版第4弾。7月13日の公開からおよそ1か月で観客総動員数370万人、興行収入47億円を突破。本日にも50億円に達する予定だという。(取材・文:中村好伸)

映画『BRAVE HEARTS 海猿』は公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]