ジョディ・フォスター、テレビドラマを製作&監督!マフィア女性が主人公!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
今度はプロデューサー兼監督よ! - ジョディ・フォスター

 映画『告発の行方』『羊たちの沈黙』でアカデミー賞主演女優賞を2度獲得した演技派女優ジョディ・フォスターが、テレビドラマ「アンジーズ・ボディ(原題) / Angie's Body」で製作総指揮と監督をすることが明らかになった。The Hollywood Reporterや複数のメディアが伝えた。

ジョディ・フォスター監督・出演映画『それでも、愛してる』フォトギャラリー

 本ドラマはソニー・ピクチャーズ・テレヴィジョンが企画し、ケーブルチャンネルShowtimeでパイロット版を放映する予定の作品で、テレビドラマ「ジェリコ 閉ざされた街」や「HEROES/ヒーローズ」などを執筆したロブ・フレスコが脚本を執筆することになっている。

[PR]

 製作総指揮はジョディと、映画『路上のソリスト』のラス・クラスノフが担当し、ジョディはパイロット版の監督も務める予定。物語はマフィアの女性を主人公にしたもので、テレビドラマ「ザ・ソプラノズ/哀愁のマフィア」に似た作品になるようだ。

 Showtimeで女性を主役にしたドラマでは、テレビドラマ「Weeds ~ママの秘密」が今年いっぱいで放映がキャンセルされることになっていて、新たに女性を主役にした作品を探していた模様。ジョディが手掛けるテレビドラマが、どんな作品になるのか楽しみだ。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]