サム・ライミ監督、新作ホラー映画の脚本を弟と執筆中!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
まだ書き始めたばかりだけど、ホラー映画の脚本を書いているよ! - サム・ライミ監督 - Jason LaVeris / FilmMagic / Getty Images

 サム・ライミ監督が、新作ホラー映画の脚本を弟と執筆中であることを、Shock Till You Dropに明かした。

サム・ライミ監督・脚本 映画『スペル』写真ギャラリー

 ライミは、「ある人物についてのシンプルなストーリーだ。一体どんな状況なのか、ダークフォースにどうして巻き込まれていってしまったのか、ベースの部分を考えているところだ。報告できるようなことは何もないよ。今はまだ、3ページの要約に取り組んでいるところだ」とコメント、執筆はまだ初期段階の様子だ。

[PR]

 共同執筆をしている弟のテッド・ライミは、映画『スパイダーマン』シリーズに出演している俳優でもあり、これまでテレビシリーズなどの脚本も手がけている。

 監督最新作『オズ はじまりの戦い』の世界公開を2013年3月に控えているライミ監督だが、ここ最近はテレビシリーズの「スパルタカス」や映画『30デイズ・ナイト』、また今後は映画『死霊のはらわた』や『ポルターガイスト』リメイクなど、プロデューサー業が続いている。この新作が実現すれば、ホラー映画化の監督は2009年の映画『スペル』以来になる。ライミのホラー映画ファンには待望の企画だ。(鯨岡孝子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]