リンジー・ローハン、お気に入りのホテル代を踏み倒して出入り禁止に

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
こういうのってプロデューサーが払うんじゃないの? - リンジー・ローハン

 リンジー・ローハンがお気に入りのホテル、シャトー・マーモントの宿泊代などを支払わなかったため、同ホテルから出入り禁止を言い渡された。

リンジー・ローハン主演 映画『ミーン・ガールズ』写真ギャラリー

 TMZ.comによると、リンジーはテレビ映画「リズ・アンド・ディック(原題) / Liz & Dick」の撮影中、47日間にわたって同ホテルに滞在。食事やミニバーの料金などと合わせ、総額4万6,350ドル4セント(約370万円)を請求されたという。しかし、度重なる請求にもかかわらず、リンジーは支払いに応じなかった。(1ドル80円計算)

[PR]

 ホテル側は、「7月8日から何度も文書を送っているのでおわかりかと思いますが、7月31日現在、2012年5月30日からの滞在費4万6,350ドル4セントが未払いとなっています」と書かれた手紙と請求書の明細をリンジーに宛てて送付。手紙にはさらに、何度となく連絡したにもかかわらず支払いがなされないため、今後同ホテルへの滞在を許可することはできないと書かれている。

 総滞在費に含まれているのは、ミニバー利用代約3,000ドル(約24万円)、タバコ代686ドル(約5万4,880円)など。1日75ドル(約6,000円)のラップトップのレンタル代は、ホテル側の好意で請求金額には含まれていないという。

 リンジーは、ホテル代はテレビ映画のプロデューサーが支払うものだと考え、支払いに応じなかったようだ。(BANG Media International)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]