樹木希林、おとぼけ全開!長年別居している夫・内田裕也に「ありがとう」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
おとぼけ発言で会場を盛り上げた樹木希林

 25日、映画『ツナグ』の主題歌披露付き舞台あいさつが有楽町朝日ホールで行われ、樹木希林が共演の松坂桃李、主題歌を担当するJUJUと共に出席、おとぼけ全開で会場を盛り上げた。

映画『ツナグ』の主題歌披露付き舞台あいさつフォトギャラリー

 「映画の中で松坂君のおばあちゃん役をやっています。今日も役と同じように、付き添いというか、お邪魔虫という感じでくっついてまいりました」と茶目っ気たっぷりに挨拶した樹木。共演の松坂ついて「撮影前も後も印象が変わらない。素直で無垢(むく)な方。中身はどれほどのものかはまだわかりませんが、これから育っていくのだと思うので見ていこうと思っています」と語るなど、松坂のことを大層気に入っているよう。

[PR]

 一方の松坂の方は大ベテランとの共演に少々恐縮気味。樹木の印象については「安心と興奮を同時に与えてくれる人。会う前は厳しい人というイメージがあって緊張していたけど、会ってからは本当に優しく包み込んでくれた」と語り、役づくりに関しては「現場でつくり上げていくという、役者のライブ感を味合わせてくれた」と樹木の仕事ぶりに感銘を受けたことを明かした。

 樹木は「上映前ですから」と映画については触れず、終始おとぼけ全開。松坂が、樹木が撮影中食べ物をよく持って来てくれたというエピソードを披露すると「家に余っていたのよ」と返し、主題歌を担当するJUJUが紹介されれば「なんだかわたしと同じような(語呂の)名前ね。ジュジュジュリンなの?」とコメント。さらにJUJUの「ありがとう」という曲が主題歌になっていることにちなみ「ありがとうと感謝している相手はいますか?」と聞かれると、含み笑いをしながら「わたしは40年近く別居している夫にありがとう」と内田裕也への愛(?)を告げ、場内を爆笑の渦に巻き込んでいた。

 『ツナグ』は、辻村深月の同名小説を実写化したファンタジー・ドラマ。死んだ者と生きる者の再会を仲介する使者“ツナグ”の見習いを努める高校生(松坂)が、さまざまな依頼者の姿を目の当たりにして成長する姿を追う。(取材・文:名鹿祥史)

映画『ツナグ』は10月6日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]