ハリウッドで性犯罪者から子役を守る法案、カリフォルニア州知事が署名

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
被害に合わなくて何よりだった?『SUPER 8/スーパーエイト』のエル・ファニング

 現地時間27日、ハリウッドで働く未成年者の、性犯罪からの保護強化を目的とする法案に、米カリフォルニア州のジェリー・ブラウン知事が署名したとDeadline.comはじめ各メディアが報じた。

映画『SUPER8/スーパーエイト』写真ギャラリー

 この法案は、性犯罪者として登録をされた者が、エンタメ業界に従事する未成年者と共に仕事をするのを防ぐもの。今後は第三者の監督なく子役に接触する可能性があるマネージャーやパブリシスト、写真家などの犯罪歴がチェックされることになる。これまではエージェントと、スタジオの指導者のみがチェックの対象となっていた。

 法案は昨年、性犯罪歴のある男が子ども向け映画にかかわる仕事に従事していたことが明らかになったことを受けて起草されたもの。これは8歳の男の子を誘拐し、性的ないたずらをして逮捕された男がキャスティング・エージェントとして働いていたという出来事で、映画『SUPER 8/スーパーエイト』『がんばれ!ベアーズ ニュー・シーズン』『スクール・オブ・ロック』といった、子役が中心の作品に多く携わっていたことで、ハリウッドに衝撃を与えた。(西村重人)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]