ユマ・サーマン、ラース・フォン・トリアー監督のエロティック・ロマンス映画に出演決定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
豪華キャストのラース・フォン・トリアー監督作に出演決定 - ユマ・サーマン - Marc Stamas / Getty Images

 映画『キル・ビル』のユマ・サーマンが、ラース・フォン・トリアー監督のエロティック・ロマンス映画『ニンフォマニアック(原題) / Nymphomaniac』に出演することになったとDigitalspy.comほか複数媒体が伝えた。

ユマ・サーマン出演 映画『キル・ビル』写真ギャラリー

 本作では、シャルロット・ゲンズブール演じる、ジョーという女性が幼少時代から50歳に至るまで経験してきた性の歴史がつづられる。映画『ドッグヴィル』や『アンチクライスト』のトリアー監督が、過激な性描写に挑むとして注目されている。
 
 ゲンズブールほか、ウィレム・デフォー、二コール・キッドマン、シャイア・ラブーフ、クリスチャン・スレイターが出演しており、現在ドイツのケルンで撮影中だ。

[PR]

 サーマンの役柄についての詳細は伝えられていない。

 サーマンは、今年7月に現恋人との初めての子で、サーマンにとっての第3子を出産したばかり。エリザベス・バンクスら、10人の監督が織りなすオムニバス映画『ムービー43(原題)/ Movie 43』が来年1月のアメリカ公開を皮切りに順次世界公開予定であるほか、ケイ・トンプソンによる児童書、「エロイーズ、パリへいく」の映画化『エロイーズ・イン・パリ(原題) / Eloise in Paris』の製作準備が進行している。

 『ニンフォマニアック(原題)』の公開時期は未定。(鯨岡孝子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]