草刈民代、共演陣からの称賛に恐縮! 女優としての新たなスタートを誓う

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
共演陣から次々と称賛の言葉を投げかけられた草刈民代

 27日、映画『終の信託』初日舞台あいさつが都内で行われ、草刈民代役所広司浅野忠信大沢たかお細田よしひこ周防正行監督が登壇した。劇中で草刈ふんする綾乃と不倫関係にある同僚医師・高井を演じた浅野は「今回の役は非常にイヤなヤツ。やっていて楽しいけど、こんなイヤな役をやっていいのかなと思った。僕は決してそこまでやる人間ではないはずなので、どうかこれからもよろしくお願いします」とユーモラスに観客に訴え、会場を沸かせていた。

映画『終の信託』初日舞台あいさつ フォトギャラリー

 本作は朔立木の小説を映画化したラブストーリー。重度の喘息患者である江木秦三(役所)と恋に落ちた女医・折井綾乃(草刈)が、江木の「最期は早く楽にして欲しい」という願いに対し、医者として、また人間として大きな決断に向き合うことになる姿を描く。草刈、役所、周防監督にとっては『Shall we ダンス?』以来、実に16年ぶりにタッグを組んだ作品となる。

[PR]

 この日は、男性キャスト陣が、それぞれ感じている草刈の魅力を告白することに。浅野は「草刈さんはいつも明るく元気で、現場に花を添えてくれていた」と絶賛。劇中で浅野は草刈とベッドシーンも演じているが「旦那様(周防監督)の前で奥さんとそんなことをするのはどうしようと思ったけど、周防監督の的確な指示でうまくいったと思います」と照れ笑いしながら撮影を振り返った。

 また、綾乃が江木に行った医療行為を問題視し、追及する検察官・塚原役を演じた大沢は「現場での草刈さんは綾乃そのもので驚きました。気迫があって、充実した(撮影)時間を下さいました」とコメント。一方、男性陣からの称賛に草刈は「恐縮しています。この作品で演じきったことが、女優としての始まりだと思っています」と充実した表情だった。

 そして最後には、2日後の29日に56歳の誕生日を迎える周防監督へバースデーケーキが贈られるサプライズ演出が行われ、にぎやかにあいさつを締めくくった。(古河優)

映画『終の信託』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]