コートニー・ラヴ、カート・コバーンとの人生を映画かミュージカル化!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
コートニー・ラヴ - Stephen Lovekin / Getty Images

 コートニー・ラヴが、ニルヴァーナのボーカルで1994年に自殺した夫のカート・コバーンとの人生を映画化、もしくはミュージカル化する企画を準備中だと、NY Daily Newsが報じた。

コートニー・ラヴ主演映画『バロウズの妻』場面写真

 音楽プロデューサーで、ラヴと共に企画を進めているサム・ラトフィは、「わたしたちは現在、ラヴとカート・コバーンの人生に基づき、ニルヴァーナの楽曲を使用した映画、もしくはミュージカルの企画を準備中だ」とコメント。まだアイデア段階で、それ以上の詳細は明らかになっていない。

 コートニー・ラヴは、1996年の映画『ラリー・フリント』や1998年の『200本のたばこ』、1999年の『マン・オン・ザ・ムーン』など、女優業も積極的にこなしている。また、アーカイヴ映像などをもとに作られたドキュメンタリー映画『カート&コートニー』にも出演している。(鯨岡孝子)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]