キャプテン大島優子、新チームK公演で涙!AKB48新体制スタート!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
涙を見せる場面もあった新チームKキャプテン大島優子 - (C)AKS

 人気アイドルグループAKB48の新体制がスタートした1日、大島優子がキャプテンを務める新チームKの初公演が、秋葉原のAKB劇場で行われた。この日行われたのは、各チームそれぞれがAKB48グループの楽曲の中から選んだ特別セットリストを披露する「ウェイティング公演」で、新たな公演が出来るまで実施される。

AKB48新チームK「ウェイティング公演」ギャラリー

 新組閣の発足日が、大島率いる新チームKの公演で幕を開けた。この日の出演メンバーは、秋元才加板野友美北原里英など16名。セットリストには、キャプテン大島の考えが反映されたといい、ニューシングル「UZA」や「ヘビーローテーション」といった代表曲から、姉妹グループのヒットメドレーまでが並ぶ、貴重なパフォーマンスを披露した。

[PR]

 MCでは、先月までチームKキャプテンだった秋元が大島に「エースがキャプテンをするというのはよほどのプレッシャーだろうなと思っていました。でも本当に優子は、ちゃんとしっかりやらなきゃいけないと思う気持ちを持ちつつ、チームをどんどんよくしたいと進んでいくキャプテン」とねぎらいの言葉を掛ける。

 さらに秋元は、キャプテン時代に言われた「あなたは何もしなくていいよ、私たちが支えるから」という言葉を引用し「(その言葉を)メンバーみんなで優子に返してあげられたらいいなと思います」と熱いエール。

 一方、感極まって涙を見せる場面もあった大島は「初日を迎えて、この気持ちを忘れたくないですし、また、皆さんに初日を見ていただくことができて、本当にホッとしています」と安堵の表情。その上で、第2章を迎えたAKB48、そして新チームについて「今日出ていないメンバーもいますが、そのメンバーも一緒に、皆さんが絶対に楽しいと思える公演、応援したくなるチーム、そして一人一人をお互いに切磋琢磨して作り上げていき、AKB48がもっとよりよいグループになるように、一人一人が頑張っていきたいと思います」と決意を語っていた。(編集部・入倉功一)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]