ジェームズ・マカヴォイが、ウィキリークスの創始者ジュリアン・アサンジを描いた映画に出演か?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ジェームズ・マカヴォイ - Matt Carr / Getty Images

 映画『つぐない』や『ウォンテッド』などで名をはせたジェームズ・マカヴォイが、ウィキリークスの創始者、ジュリアン・アサンジを描いたタイトル未定の作品への出演交渉に入ったことがVarietyによって明らかになった。

 これは、ドリームワークスのもと企画されている作品で、2011年に出版されたダニエル・D・ベルクの原作「インサイド・ウィキリークス:マイ・タイム・ウィズ・ジュリアン・アサンジ・アット・ザ・ワールズ・モースト・デンジャラス・ウェブサイト(原題)/ Inside WikiLeaks : My Time With Julian Assange At The world's Most Dangerous Website」を基に映画化することになっている。監督は、映画『ドリームガールズ』のビル・コンドンがメガホンを取ることになっている。すでに、アサンジ役にはテレビドラマ「SHERLOCK (シャーロック)」のベネディクト・カンバーバッチが挑戦し、さらに今回新たにダニエル・D・ベルク役で、ジェームズ・マカヴォイが出演交渉に入ったようだ。

 このダニエル・D・ベルクは、ウィキリークスのNo.2だった人物で、アサンジとの意見の食い違いからウィキリークスを2010年に去っていて、その後ウィキリークスについての原作本を執筆している。

 ウィキリークスは、匿名により政府や企業に関する機密情報を公開するウェブサイトで、アフガニスタンでの軍事作戦などのアメリカの機密文書をリークして世間から大きな注目を浴びた。ジェームズ・マカヴォイの出演が正式に決定すれば、注目度の高い作品になりそうだ。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]