クレイジーケンバンド、阿部寛×行定勲『つやのよる』主題歌書き下ろし!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『つやのよる』主題歌に決定!-クレイジーケンバンド横山剣

 クレイジーケンバンドが、阿部寛主演、行定勲監督最新作『つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語』の主題歌「ま、いいや」を書き下ろしたことが発表された。作詞には、かねてからクレイジーケンバンドの主題歌を切望していたという行定監督も参加。セクシーな響きのある楽曲が仕上がった。

映画『つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語』場面写真

 シナリオ執筆中からクレイジーケンバンドに主題歌を依頼したいと思っていたという行定監督。クレイジーケンバンドの横山剣は、映画の台本を読んだり、映画のプロトタイプを観たりした数日後、タイトルとなった「ま、いいや」というフレーズとメロディーが一緒に出て来たと明かし、「歌詞も考えるというよりは、感覚的に出て来たものだけれど、どうしても埋まらない部分が数か所あった。そこを行定監督にお願いしたところ、非常に艶のあるセクシーな響きのある楽曲に仕上がった」とコメントを寄せている。

[PR]

 横山のスケジュールの都合で実現こそしなかったものの、伊豆大島の男かバーの店長役で映画にも横山を起用したいと考えていたという行定監督。しかし、かねてより、「男の気持ちと男女の愛について歌わせたら右に出るアーティストはいない」と考えていたというクレイジーケンバンドの作詞にも参加できたことに、「素晴らしい経験までさせてもらえました」と感激の様子。仕上がった楽曲には、主演の阿部も「男の弱点と女の本音を、歌にした映画を彩るとてもセクシーな男の歌。作品にさらに軽妙なスパイスをふりかけてくれた剣さんに感謝しています」と太鼓判を押している。

 映画『テルマエ・ロマエ』の大ヒットが記憶に新しい阿部が、気ままな妻の不貞に翻弄(ほんろう)される愛に一途な男を演じた本作は、直木賞作家・井上荒野の小説が原作。小泉今日子野波麻帆風吹ジュン真木よう子忽那汐里大竹しのぶといった豪華女優陣の共演も話題となっている。横山の歌声は、センセーショナルな大人の愛を描いた本作を、さらに“つや”っぽく彩ることだろう。(編集部・島村幸恵)

映画『つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語』は2013年1月26日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]