新ハリウッド版『ゴジラ』は来年3月以降に撮影開始! 製作は徐々に本格化

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ついに『ゴジラ』リメイクが始動! - Bill McClelland / FilmMagic / GettyImages

 ハリウッドで新たにリメイクされる『ゴジラ(原題) / Godzilla』の撮影が来年3月以降にスタートすることが明らかになった。すでに今年7月のコミコン・インターナショナルで映像が公開された際にも大きな話題になっており、日本のみならず世界が注目している作品だ。

 同作の撮影監督を務めるのは、『アベンジャーズ』のシーマス・マッガーヴェイ。The Playlistのインタビューに対して、シーマスは「『ゴジラ』は来年の3月以降に撮影を開始するよ」と回答。現時点では細かいところまで固まっていないというものの、「今はビジュアル的なアプローチ方法を探っている最中なんだ」と製作が順調に進行していることをうかがわせている。

 日本が誇る怪獣・ゴジラの映画作品は、1998年に『GODZILLA ゴジラ』としてローランド・エメリッヒ監督がハリウッドリメイク。だが同作に登場するゴジラはは虫類を思わせる造形で、オリジナルファンから不評を買った。だが7月に公開された映像では、日本版に忠実なシルエットが映し出されており期待大。すでに3D作品になること、そして2014年5月16日に全米公開されることも決定しており、再びの「ゴジラ」復活に胸が高鳴るファンも少なくないはずだ。

 新たなるハリウッド版『ゴジラ(原題)』の監督に抜てきされたのは、『モンスターズ/地球外生命体』のギャレス・エドワーズ。脚本は『ダークナイト ライジング』の原案を手掛けたデヴィッド・S・ゴイヤーということで、単なるパニック映画ではない深みも期待できそうだ。(編集部・福田麗)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]