成功報酬は軍艦島ツアー!富士急ハイランド「絶望要塞」と映画の初コラボ企画!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『ロックアウト』×「絶望要塞」がコラボ!脱出者は出るのか? - (C)2011 EUROPACORP.

 リュック・ベッソン製作のSFアクション『ロックアウト』と富士急ハイランドの迷宮脱出型アトラクション「絶望要塞」が、「異次元タッグ」と称するタイアップ企画を開始することがわかった。映画と同施設のタイアップは初になり、同作の上映期間中にアトラクションからの「完全脱出」を成し遂げた先着1組に、長崎県の軍艦島ツアーが贈られる。

映画『ロックアウト』写真ギャラリー

 「絶望要塞」は2012年7月に富士急ハイランドでオープンした、ミッションクリア型のウォークスルーアトラクション。参加者は、いくつものステージに分かれた施設内に用意された謎やわなをくぐり抜け、要塞からの脱出を試みる。挑戦者はすでに10万人を突破しているというが、「完全脱出者」はオープン以来たった1組だけという、驚異の難易度を誇っている。

[PR]

 一方の『ロックアウト』は、冷凍睡眠による囚人管理や徹底した防衛システムが完備された、脱獄確率0パーセントを誇る宇宙監獄MS-1が舞台。その中で発生した囚人500人による暴動に巻き込まれ、人質となった大統領の娘の救出に向かう元CIAエージェント(ガイ・ピアース)の活躍が描かれる。

 今回のタイアップは、劇中に登場するMS-1の難攻不落の要塞ぶりと、現在脱出率10万分の1誇る「絶望要塞」の難攻不落な要塞ぶりが一致することから決定したもの。「要塞を脱出した方に、さらに海上の要塞へご招待」というコンセプトから、軍艦島ツアーがアトラクション脱出の報酬となった。期間は、『ロックアウト』が上映される11月23日から12月16日まで。

 長崎県長崎市にある軍艦島は、かつて海底炭鉱によって栄えた無人島で、正式な名称は端島。日本初の鉄筋コンクリート造高層集合住宅など貴重な構造物が残っており、近代建築史における重要な文化的遺構として注目されている。上映期間中に1組でも成功者が生まれるのか。注目の的となりそうだ。(編集部・入倉功一)

映画『ロックアウト』は11月23日より丸の内ピカデリーほかにて全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]