ジョージ・クルーニー監督作にマット・デイモン出演決定!自ら認める

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
再び共演!-ジョージ・クルーニー&マット・デイモン - Jeff Kravitz / FilmMagic / Getty Images

 マット・デイモンが、ジョージ・クルーニーの監督最新作『ザ・モニュメンツ・メン(原題)/ The Monuments Men』に出演することが明らかになった。マットが、E! Onlineの取材に対し、来年1月に全米公開される主演映画『プロミスド・ランド(原題)/ Promised Land』のニューヨーク・プレミアで自ら認めたという。

 第2次世界大戦下、ナチスが略奪した美術品を救うために活躍した主に8人の兵士たちの知られざる奮闘を、日記や手紙、本人や関係者のインタビューから再現したロバート・M・エドゼル著の戦記ノンフィクション「ナチ略奪美術品を救え 特殊部隊『モニュメンツ・メン』の戦争」を映画化する本作。

 ジョージは、映画『スーパー・チューズデー ~正義を売った日~』でもタッグを組んだグラント・ヘスロヴと共に脚本も担当。すでにダニエル・クレイグビル・マーレイケイト・ブランシェットジャン・デュジャルダンジョン・グッドマンヒュー・ボネヴィルボブ・バラバンの出演も発表されていた。

[PR]

 ジョージとマットは、映画『オーシャンズ』シリーズやスティーヴン・ギャガン監督の映画『シリアナ』で共演してきた。今回のマットの『ザ・モニュメンツ・メン(原題)』への出演は、Deadline.comが出演交渉中との情報を独占で報じるなどしていたが、現地時間4日に開催された『プロミスド・ランド(原題)』のニューヨーク・プレミアでレッドカーペットに登場したマットが「ああ、出演するよ!」と認めたという。

 マットは、ガス・ヴァン・サント監督がメガホンを取った『プロミスド・ランド(原題)』では、脚本にも携わり、田舎町に赴任した天然ガス会社のセールスマン役で主演を務めている。(編集部・島村幸恵)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]