黒柳徹子、小沢昭一さん通夜で「笑わせてくれてありがとう」と謝辞

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「一日一日を大事に生きていく」と語った黒柳徹子

 今月10日に前立腺がんのため83歳で逝去した俳優の小沢昭一さんの通夜が14日、新宿区の千日谷会堂でしめやかに営まれ、およそ850名の参列客が小沢さんとの最期のお別れに訪れた。

小沢昭一さんお通夜の様子

 この日の祭壇の遺影は、2009年の雑誌対談の際に使用されたスナップで、喪主の英子夫人が気に入った写真だという。そして、その周りには白い菊の花が飾られた。

[PR]

 通夜には小沢さんと50年来の親交があった女優の黒柳徹子も弔問に訪れ、テレビ番組「徹子の部屋」で恒例だった扮装(ふんそう)シリーズで撮ったセーラー服の写真を持参。囲み取材では、棺の中で眠る小沢さんに「これ大好きだったわね」と言いながら見せたことを明かす。

 「まだ整理がつかない。本当に温かくて、面白い、いい友だちでした」と呼び掛ける黒柳は、「100歳まで生きると言ったら、小沢さんに『長生きをすると周りに誰もいなくなるよ』と言われて、ワンワン泣いたことがあるんです。でも今日、それはつくづくそうだなと思いました。もう小沢さんもいないんだなと。一日一日を大事に生きていくしかないわね」と絞り出すようにコメント。

 さらに涙を浮かべた黒柳は「笑わせてくれてありがとう。向こう(天国)の方が人数が多くなっちゃって。わたしが行ったらまた笑わせてほしいと思います。本当にいい友達でした」と別れのあいさつを寄せた。

 この日の通夜にはそのほか、生島ヒロシ毒蝮三太夫矢野誠一神津友好中村メイコ神津善行吉行和子山口崇穂積隆信松本源之助桂米団治林家正蔵加藤武篠田正浩監督、乙武洋匡などが参列。関係者によると、小沢さんが亡くなった12月10日は、小沢さんの母親の誕生日だったのだとか。小沢さんは一人っ子だったということもあり、家族からは「お母さんが天国に連れていったのかな」という声もあったという。(取材・文:壬生智裕)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]