亀梨和也、福くんが最近は笑ってくれない…成長を実感して心境をぽつり

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
福くん、最近はこんなクールな表情で亀梨に対応?

 15日、TOHOシネマズ日劇で『映画 妖怪人間ベム』初日舞台あいさつが行われ、妖怪人間のベム、ベラ、ベロを演じたKAT-TUNの亀梨和也鈴木福がそろって劇中衣装で登場し、ファンから大喝采を浴びた。

『映画 妖怪人間ベム』写真ギャラリー

 テレビドラマ版からずっと共演してきた3人。亀梨は福くんの成長ぶりを実感したといい「最初は笑いの沸点が低くて何を言っても笑ってくれたけど、最近は成長して全然笑ってくれないし、スルーもされるんですよ」とポツリ。「僕の笑いの腕が落ちたのかと思ったけど、最初からつまらなかったみたい」と自虐ネタで会場を笑わせた。

[PR]

 そんな福くんは学校でも「妖怪人間ごっこ」をしているそう。亀梨が「ベム役をやってるんだよね」と説明するやいなや、福くんは壇上で「こうやって飛んで、変身して大暴れするんだ!」と台から飛び降りたり、変身ポーズを披露。しかし、亀梨から「正義の味方なんだから暴れちゃダメだよ」と冷静に突っ込まれ、タジタジになっていた。

 また、公開前には亀梨の乳首が小さいことから、変身後の半裸シーンで亀梨の乳首を立たせようとしていたことを狩山俊輔監督がテレビ番組で明かし、女子ファンの間では大きな話題に。これを受けて亀梨は「裸のシーンでどうせ『相変わらずださい乳首しているじゃん』と思われているんじゃないかなと思うけど」と切り出しつつ、「大きなスクリーンでたっぷり見てくれ」と開き直り気味にアピールし、会場中の女子からは悲鳴ともつかない歓声が沸き起こっていた。

 同作は、2011年10月から12月まで日本テレビ系列で放送され、最高18.9パーセントの視聴率をマークした人気ドラマの映画版。醜い容姿故に人間に嫌われながらも、いつの日か人間になることを夢見て悪と戦う妖怪人間のベム、ベラ、ベロの活躍を描いている。(取材・文:中村好伸)

『映画 妖怪人間ベム』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]