ディカプリオが大富豪と共同で落札!『カサブランカ』で「アズ・タイム・ゴーズ・バイ」の演奏に使用されたピアノ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
劇中で使用されたピアノが落札 - 映画『カサブランカ』主演のハンフリー・ボガートとイングリッド・バーグマン - Album/アフロ

 1942年の映画『カサブランカ』で使用されたピアノを、レオナルド・ディカプリオと大富豪のスチュワート・ラー氏が共同で、ニューヨークのサザビーズオークションにて60万ドル(約4,800万円)で落札したとNY Daily Newsが伝えた。(1ドル80円計算)

映画『カサブランカ』写真ギャラリー

 このピアノは、ハンフリー・ボガートが演じるリックが経営する酒場で、イングリッド・バーグマンが演じる、パリで出会った恋人イルザ・ラントと再会するシーンで、思い出の曲「アズ・タイム・ゴーズ・バイ」をドゥーリイ・ウィルソン演じるサムが演奏するのに使用されたもの。

[PR]

 出品したのは日本人コレクターで、1980年代に15万4,000ドル(約1,232万円)でオークションにて落札、今回の希望落札価格は120万ドル(約9,600万円)だった。

 ディカプリオたちは、このピアノをロサンゼルス郡立美術館に寄贈するつもりだという。(鯨岡孝子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]