阿部寛、絶食系に憧れ!恋愛は「無駄な時間を使う」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
"絶食系”への憧れを口にした阿部寛

 26日、銀座・丸の内TOEIにて、映画『つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語』の初日舞台あいさつが行なわれ、主演を務める阿部寛ほか、野波麻帆真木よう子忽那汐里永山絢斗、そして行定勲監督が登壇した。

映画『つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語』初日舞台あいさつフォトギャラリー

 映画のプロモーション活動に奔走した阿部は「今、誰かに愛を届けるとしたら、それは劇場に足を運んでくれたお客様。愛してます!」と無事初日を迎えられた喜びを表現。昨年12月に俳優・水上剣聖との結婚、そして妊娠を発表した野波も「(これからは)おなかの子どもにいっぱい愛をあげたい」と二重の喜びをかみしめた。

[PR]

 また、過酷だった撮影を振り返った阿部は「こんなにも激しくて暗い男を演じたことがなかったので、最初は大変でしたね。自転車をがむしゃらに漕ぎながら、現場で少しずつ理解を深め、作っていった感じです」と役づくりの苦労を吐露。すかさず行定監督が「体を絞って現場へ来た彼を見て、狂気を感じた。撮影を進めるうちに松生(主人公)そのものにしか見えなくなった」と絶賛した。

 さらに、話が恋愛に対して臆病な“絶食系”の若者に及ぶと、真木は「本当にそんな人いるんですかね? なんだかお坊さんみたい」とチクリ。それに対して阿部は「絶食系って、なんかいいじゃないですか。自分は恋愛で振り回されて、やりたいことが何もできなかったから憧れる。無駄な時間を使っちゃうものね」と意外な考えを明かし、これには行定が「この映画はまさに『無駄な時間』を映画にしたんだよ」と苦笑いのフォロー。会場を笑いの渦に巻き込んだ。

 本作は、直木賞作家・井上荒野の小説を、映画『世界の中心で、愛をさけぶ』の行定勲監督が映画化した恋愛群像劇。自由奔放に生きた亡き妻 “艶”(つや)に翻弄(ほんろう)される男女の関係性を濃厚に描き出す。野波、真木、忽那に加え、大竹しのぶ小泉今日子風吹ジュンら、豪華女優陣の競演も見応えあり。(取材・文:坂田正樹)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]