向井理、去年の誕生日は寂しかった…バースデーサプライズに思わずポロリ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
バースデーサプライズに照れた表情を見せた向井理

 2日、映画『きいろいゾウ』初日舞台あいさつが新宿ピカデリーにて行われ、主演の宮崎あおい向井理濱田龍臣浅見姫香本田望結緒川たまき、そして廣木隆一監督が登壇した。今月7日に31歳の誕生日を迎える向井が、サプライズで黄色いゾウをモチーフにしたバースデーケーキをプレゼントされると「昨年は寂しい誕生日だったので……」と満面の笑顔を見せた。

映画『きいろいゾウ』初日舞台あいさつフォトギャラリー

 「ドラマの撮影中で、気が付いたら終わっていた」と昨年の誕生日を振り返った向井。今年は宮崎をはじめ共演者、そして会場から「ハッピバースデー」の大合唱でお祝いをしてもらったことに「びっくりしました。本当にありがとうございます」と笑顔を浮かべた。

[PR]

 そんな向井の姿には宮崎もしてやったりの表情。劇中では夫婦役を演じた宮崎と向井だったが「出会ってすぐ結婚した夫婦が、お互いのことを徐々に知っていく感情を演じるのは楽しかった」と宮崎が語ると、向井も「つらいシーンもありましたが、現場の雰囲気がよく、自由にやらせていただけて、良い作品ができました」と充実した撮影を振り返った。

 夫婦の物語にちなみ、理想の夫婦像を聞かれた宮崎と向井は、口をそろえて「(柄本明と松原智恵子演じる)アレチとセイカの夫婦がいい」と回答。その理由を「いくつになっても、お茶目でかわいらしいから」と話した。

 また、宮崎の幼少期を演じた人気子役の本田が、初恋の話を振られると「まだですね。でも憧れの人はいます。たまに会うとキュンとしてしまいます」と8歳とは思えないような発言。宮崎、向井ともに目を見合わせ驚いた表情を見せるなど、終始ほのぼのとした雰囲気が漂う舞台あいさつだった。(磯部正和)

映画『きいろいゾウ』は新宿ピカデリーほか全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]