オリバー・ツイストの20年後を描くアドベンチャー映画が始動!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ドジャーとオリバーの20年後、気になります - 画像はキャロル・リード監督の映画『オリバー!』より - Larry Ellis / Getty Images

 チャールズ・ディケンズの長編小説「オリバー・ツイスト」の世界から20年後のオリバーの姿を描くアドベンチャー映画『ドッジ&ツイスト(原題) / Dodge and Twist』の製作をソニー・ピクチャーズが始動させたことがわかった。ドッジとは「オリバー・ツイスト」に出てくるスリの少年ドジャーのことだ。

 The Hollywood Reporterによると『ドッジ&ツイスト(原題)』は、新たなホームズ像を打ち出したロバート・ダウニー・Jr主演の『シャーロック・ホームズ』のように古典を再創造した作品になるとのこと。原作から20年後、警察官になったオリバーと愛すべき悪党ドジャーが、王冠をめぐっての攻防を繰り広げるさまが描かれるようだとDigital Spyは報じている。

 プロデューサーは『アメイジング・スパイダーマン』のマシュー・トルマックらで、現在、NBCで放送予定のドラマ「ドラキュラ(原題) / Dracula」のコール・ハドンが脚本を執筆中。キャスティングや撮影開始日などの詳細は明かされていないものの、プロダクションチームはこの企画をとても気に入っているため、製作はスピーディーに進むものと考えられている。

 「オリバー・ツイスト」は、これまでにキャロル・リード監督やロマン・ポランスキー監督などによって映画化されているほか、テレビドラマやミュージカルも製作されている。(編集部・市川遥)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]