小泉今日子「あまちゃん」能年玲奈を「天才」と大絶賛!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
小泉今日子、能年玲奈、宮本信子

 4日、4月1日から放送されるNHK連続テレビ小説「あまちゃん」の第1週完成試写会が東京・NHK放送センターで行われ、ヒロイン・天野アキ役の能年玲奈、その母親役の小泉今日子と祖母役の宮本信子が出席した。小泉は娘を演じる能年について「(撮影の)回を重ねるごとに、コメディエンヌとしての才能をすごく発揮し始めていて、天才かと思うところまできている」と絶賛した。

能年玲奈の透明感に惹かれる…フォトギャラリー

 同作は、NHKドラマは今作が初の執筆となる宮藤官九郎が描く人情喜劇。東京育ちで引きこもりがちな女子高生アキ(能年)が、母・春子(小泉)の故郷・岩手県の田舎町で現役の海女を続ける祖母の夏(宮本)に影響され、現地で海女さんを目指すうちに地元アイドルに成長していく。後半の東京編では、アキが東京で本格的なアイドルを目指し奮闘する姿が描かれる。

[PR]

 清楚(せいそ)なワンピース姿で現れた能年は「(完成作は)どうなっているんだろうという不安がありましたが、第1週目の作品を観てみたらにぎやかで、さわやかで、大人の人たちがのびのび生きている。ぜひ皆さんにも、観ていただいてのびのびしてほしいと思います」と初々しくあいさつ。共演の小泉の印象を聞かれると「小泉さんは現場のすべてにすごく気を配っているのがかっこいい。これがスターなんだと……」と答えて周囲をほのぼのとした空気に包んだ。

 そんな能年のコメントに笑顔を見せた小泉は「朝ドラは(撮影が)大変だと聞いていたけど、楽しいからかあまり大変じゃないです。自分が演じる春子は、大丈夫なのかと思うぐらい周りの人にも当たり散らすし、娘にも『ブス!』とか言うお母さん。一抹の不安を抱えていましたが、1週目の完成作を観たら、それが面白い方向に進んでいた。登場人物がみんな生き生きしていて、毎日観るのが楽しみだと思えるようなドラマが出来上がっていたと思う」と出来に満足している様子だった。

 一方、宮本も「(劇中の)能年さんが本当にすてきです。本当に、何も汚れていない、何もついていないところが素晴らしい。彼女がこれからどう変わっていくのか、おばあさんとして楽しみにしています」と隣の“孫娘”に目を細めていた。(古河優)

NHK連続テレビ小説「あまちゃん」は4月1日から9月28日までNHK総合ほかにて放送(全156回)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]