三上博史、食品偽装問題に挑む!「震える牛」ドラマ化!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
三上博史、食品偽装問題に挑む!

 三上博史主演で、食品偽装問題に切り込んだ相場英雄の小説「震える牛」がドラマ化されることが発表された。WOWOWにて6月より放送される予定。

 「震える牛」は、三上演じる警視庁捜査一課・継続捜査班の田川信一が、居酒屋で起こった未解決の強盗殺人事件を捜査するうちに、事件の手がかりとなる食肉加工会社で、食品偽装の問題が浮き彫りになっていくというストーリー。

 本作でメガホンを取るのは、三上が主演したドラマ「下町ロケット」でタッグを組んだ鈴木浩介監督。プロデュースの青木泰憲、音楽の羽岡佳と「下町ロケット」のスタッフが再集結。三上のほか、吹石一恵平山浩行木村文乃温水洋一白石美帆竜雷太小野寺昭佐野史郎古田新太小林薫が出演し、社会派サスペンスに挑んでいく。

[PR]

 「とても制約の多いドラマ制作の中で、WOWOWはいつも思い切った挑戦をしてくれています。そんな現場で演じさせてもらえることは、とても幸せです」と出演決定の喜びを語る三上。「食品偽装が食の問題、ひいては、社会の構造、人々の価値観、日常の生活への疑問を問いかけるきっかけになればと思います」と本作への意気込みを語っている。

 「下町ロケット」のほか、湊かなえ原作の「贖罪」、東野圭吾原作の「分身」と数々の話題作をドラマ化してきた「連続ドラマW」として放送される「震える牛」。三上の再登板に期待したいところだ。(編集部・島村幸恵)

連続ドラマW「震える牛」はWOWOWにて6月より放送予定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]