若松孝二監督は晴れ男だった…さわやかな晴天の中、遺作『千年の愉楽』が公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
若松監督の遺作の舞台あいさつに登壇した出演陣 - 左から、染谷将太、高良健吾、佐野史郎、寺島しのぶ、高岡蒼佑、井浦新

 故・若松孝二監督の遺作となった映画『千年の愉楽』が9日、テアトル新宿で初日を迎え、寺島しのぶ高良健吾高岡蒼佑染谷将太佐野史郎井浦新らメインキャストがそれぞれ若松監督への思いを口にした。

若松監督の遺作、ついに公開!初日舞台あいさつ フォトギャラリー

 昨年10月17日、交通事故により逝去した若松監督最後の作品となった本作。万雷の拍手で迎えられた寺島は「こんなに多くの方に来ていただいて、若松監督は喜んでいらっしゃると思います。この作品はわたしにとって特別な宝物です」と感無量の表情。一方の井浦はネクタイ姿。「どんな舞台あいさつでもネクタイをすることはないんですが、僕にとって『千年の愉楽』が公開される映画館は聖域のような場所。若松監督に見られたらきっと怒られると思うけど、あえて着てしまいました」とあいさつした。

[PR]

 この日は司会者を置かず、キャスト陣だけで登壇。冒頭は沈黙の間が生まれることもあったが、その雰囲気を察した佐野は「なぜこういう間が開くのというと、ここに監督がいないから。きっと若松監督は『佐野、お前は若松組も古いんだからちゃんと仕切れよ』と言われるんでしょうね。はい、わかりました」と天国の若松監督に語りかけ、この日の司会役を買って出ていた。

 今回、念願の若松作品への参加となった染谷。中学生だった14歳のときには『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)』への出演を熱望し、オーディションを受けたというが、「役に対してこぎれいすぎるからという理由で駄目だったんですよ」と告白。しかし今回は若松監督直々に「よし、出ろ」と言ってもらえたとのことで、「本作の撮影が19歳。5年越しに実現できて幸せでしたね」と振り返った。

 生前は「今度の作品はちょっといいんだよ」と満足そうにしていたという若松監督。井浦が「若松監督は晴れ男だった」と明かした通り、この日の初日はすっきりとした晴れ模様だった。(取材・文:壬生智裕)

映画『千年の愉楽』はテアトル新宿ほかにて全国順次公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]