『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』のアン・リー テレビシリーズの監督に初挑戦

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
テレビシリーズに初挑戦するアン・リー監督

 映画『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』でアカデミー賞監督賞を受賞したアン・リーが、FX局の新ドラマ「タイラント(原題) / Tyrant」のパイロットを監督するとThe Hollywood Reporterが報じた。

アカデミー賞監督賞を受賞! アン・リー監督映画『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』写真ギャラリー

 ドラマは素朴なアメリカ人家族が中東紛争に巻き込まれていくストーリーで、テレビドラマ「HOMELAND」のハワード・ゴードンギデオン・ラフ、「LOST」のクレイグ・ライトが製作総指揮を務める。

[PR]

 パイロットを監督するオファーはアカデミー賞の前に出されていたが、リー監督が承諾をしたのはオスカー受賞後というから、「タイラント(原題)」のスタッフも夢のような気分だったに違いない。シリーズ化が実現すれば、リー監督はエグゼクティブ・プロデューサーに名を連ね、将来的に再びメガホンを握る可能性もあるようだ。

 「才能あふれるアン・リーが初めてテレビドラマの監督をするというだけで、『タイラント(原題)』が並外れたドラマであることがおわかりいただけると思います。アン・リー、ギデオン・ラフ、クレイグ・ライト、ハワード・ゴードンは、才能が極みに達した語り手の達人であり、このドラマの素材もそれはすばらしいものです」と同ドラマをFXプロダクションと共に共同プロデュースするFOX21の社長は語っている。

 撮影は今夏から開始予定だが、キャスティングはまだされていない。(澤田理沙)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]