遠藤憲一、さだまさしの父親役でNHKドラマ初主演!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
NHKドラマ初主演!遠藤憲一

 さだまさしの自伝的小説「かすてぃら」がドラマ化され、遠藤憲一がさだの父親役を務めることが明らかになった。NHK BSプレミアムで7月に放送される。

 「精霊流し」「解夏」「眉山」など、テレビドラマ化や映画化もされた数々の名作を送り出してきたさだが、初めて小説に自身の名前を出し、生まれ育った長崎を舞台に、破天荒だが皆に愛された父・佐田雅人さんの人柄や、故郷の人々との心の交流、音楽の道へまい進する少年・雅志の成長などを描いた「かすてぃら」。今回のドラマでは、「佐田」を「佐野」に変え、佐野雅人役に遠藤を起用。NHKドラマ初主演の遠藤が、さだの父親役を務めることになった。

 そのほか、ドラマには西田尚美大八木凱斗(子役)、今井雅之金子賢佐々木すみ江が出演。「ダブルフェイス 潜入捜査編」「ダブルフェイス 偽装警察編」の羽原大介の脚本、「外事警察」「テンペスト」の吉村芳之、「最終特快」の川野秀昭のメガホンでドラマ化する。また、音楽は、さだ専属の音楽プロデューサー及び編曲家として活躍する渡辺俊幸が務める。

[PR]

 昭和30年代の長崎で、裕福な材木商から一転、事業が行き詰まり、豪邸から長屋に移ったさだ。ドラマでは、そんなさだの半生も描きながら、さだの父の人柄を描き出していく。撮影は4月中旬から6月初旬にかけ、長崎市内、及び都内近郊で行われる。(編集部・島村幸恵)

プレミアムドラマ「かすてぃら」は7月放送予定 日曜午後10時~(連続5回)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]